自動車学校の選び方は?取得可能な免許の種類・料金相場などの豆知識をご紹介

このサイトでは、自動車学校の選び方で悩んでいる方を対象として、取得可能な免許の種類や料金相場などの豆知識をご紹介していきます。
また、このサイトでは免許種類について詳しく解説をしていきます。
どのような免許が取得できるのか理解できます。
さらに、このサイトでは、学校で行われている高速教習の内容についても、具体的にお伝えしていきます。
高速道路でどのような教習が行われているのかが気になる方にとって必見の内容です。

自動車学校の選び方は?取得可能な免許の種類・料金相場などの豆知識をご紹介

自動車学校を選ぶ際には、通学と合宿のどちらのするのかを先に決めておくとよいでしょう。
マイペースで免許を取得したいのであれば、通学がおすすめです。
短期間で運転免許を取得したいのであれば、合宿が最適です。
自動車学校で取得できるのは、普通自動車第一種です。
そのほかに、トラックや特殊車両などの運転免許証なども取得可能です。
大型二輪免許が取得できるコースもあります。
どこの教習所でも高速教習が義務付けられています。
いきなり高速道路を運転するのは不安があるかもしれませんが、担当教官がサポートしてくれますので心配は要りません。

そもそも自動車学校とはどのような学校なのか?

自動車学校とは、運転免許を取得しようとする者などに対して、自動車を運転するのに必要な知識と技能を教習する学校のことです。
都道府県公安委員会が道路交通法第九十九条に基づいて指定した指定自動車教習所、および届出自動車教習所のことを指します。
自動車学校には大きく分けて、指定自動車教習所と届出自動車教習所の2種類があります。
指定自動車教習所とは、道路交通法第九十九条によって公安委員会の指定を受けた教習所のことで、届出自動車教習所は公安委員会に届出を出している教習所のことです。
同じ自動車学校でも、届出自動車教習所は、仮免許・本免許の技能試験、仮免学科試験を届出校では実施できないため、在籍生自らが免許試験場で試験を受けなければなりません。
届出自動車教習所は、カリキュラムに自由度が高く授業料も安く済むというメリットはあります。
ですが、初めて免許を取得する人は、指定自動車教習所を選ぶことをお勧めします。
初心者は、やはり普段から慣れた場所で仮免許・本免許の技能試験、仮免学科試験を受けられる学校のほうが無難です。

自動車学校には何歳から入校できる?

自動車学校は運転免許は取得できるのが満18歳であるため、一般的には18歳になってから入校できるものとなっています。
しかし実際には卒業時に満18歳になっていれば良いことから、これ以前に入校できる仕組みとなっているところも少なくありません。
このような自動車学校の場合には、概ね3ヶ月程度前から入校することができるようになっていることが多く、実際の教習を受講しながら年齢が条件を満たした段階で運転免許の試験を受けることができるようにタイミングを合わせることが多いものです。
自動車学校では仮免許を取得してから路上教習を行う仕組みとなっており、この仮免許も年齢が18歳にならないと取得することができません。
そのため事前に入校できる自動車学校の場合でも、仮免許取得の際には満18歳になっているようにタイミングを合わせることが必要です。
多くの学校では教習のスケジュールを立案してくれるので、気軽に相談することが良い方法となっています。

自動車学校へ入校から卒業までの平均期間

運転免許取得のために自動車学校へ通う場合、入校から卒業までの平均期間は、普通自動車第一種免許の場合で1ヶ月から3ヶ月程度です。
自動車学校に通う人の多くは、職場での仕事や学校の授業などといった本業以外の時間の中から教習を受けるための時間をつくっており、一度に受けられる教習の量も限られるため、このような長期間になります。
もちろん、平均より短い期間で自動車学校を卒業していく人も少なくなく、中には制限無しで16日、AT車限定なら14日という理論上最短の日数で卒業する者もいます。
ただし、これを実現するためには短期集中コースや合宿免許プランを選ばなければならず、選択してしまうと学校側の主導で教習のスケジュールが全部決められてしまい、本業や余暇の時間を自由にとることはできなくなります。
自動車学校に通って運転免許を取りたいのであれば、取得のためにあてられる期間や自身のライフスタイルを十分に考慮してプランを選択しましょう。

自動車学校へ通う場合にはどのくらいの料金がかかる?

運転免許証を取得するためには自動車学校へ通うことが基本というか、王道ではありますが、それには当然ながら費用がかかります。
学科とか技能講習の内容は全国一律ですので、自動車学校の料金もそれほど大きな差はなく、普通免許の場合で25万円から30万円程度と思っておけば大きな間違いはありません。
ただ、講習内容は一律とはいうものの、誰であれ不合格となってしまう可能性はあって、それに対する補講とか再試験が必要になることはあり得る話です。
学校側の立場で言えばそれには当然追加のコストがかかりますので、それを生徒に直接転嫁するところもあれば、一定範囲内で追加費用なしとしているケース、あるいはある程度の金額をある意味で保険か何かのように最初に上乗せして支払っておくことで、補修などが生じたとしても追加不要にしていることもあって、そういう点まで含めると一律で決まっているということはありません。
また合宿制の場合にもコストは変わってきます。